「志望動機」を聞かれたら…

志望動機の画像

志望動機で差をつける

「自己紹介」に次いで面接で必ず聞かれるのが「志望動機」です。
「当社(当病院)を選んだ理由を教えてください。」
自己紹介は何度でも同じことを言えるのに対して、この「志望動機」に関しては、
複数面接を受ける場合はその数だけ回答を用意する必要があります。

それに、まだ就職していない会社のことを述べるわけですから、
その会社や病院に関する知識、情報が徹底的に不足しているはずです。

ということで、回答を用意する作業が面倒で労力を要するため、みんな回答が一辺倒になりがちです。
ですから、この志望動機がしっかりしていると面接官にかなりの好印象を与えることができます。

他の受験者と差別化を図ることができるのが実はこの「志望動機」なのです。

一辺倒な回答はNG

まず、その会社や病院の特徴を調べましょう。
資料請求や説明会を通してある程度の基本情報が手に入っていることと思います。
志望動機というのは人それぞれですから、回答例はありません。

よく、就職活動マニュアル本やインターネットに回答例が掲載されていることがありますが、
そのような人が書いた文章を言っているだけの人は、面接官は分かります。
というのも、面接官はたくさんの人の面接をしていますから、定番の質問を知っています。

よく聞いたような文章を聞いた瞬間、マニュアル本を見てきたなと疑うのはありますし、
その後の質問と整合性がなかったりすると、
その文章を作成したのが本人でないことがわかります。
何よりも、内容が薄っぺらいのです。

ただ、ポイントはいくつかあります。
その会社・病院の考え方、看護観について触れることが大切です。
病院が採用する際に最も大切にしていることの一つに、
今後向かっていく会社・病院の将来像をともにできる人かということがあります。

新卒にしても、中途にしても、その向かうべき方向性が同じ人を採用することによって、
より一層その会社・病院の未来を担う未来を明るく照らし出すことになるのです。

目指す方向性は同じかどうか

よく、経営用語でこれを「ベクトルの一致」といいます。
ビジネス社会では、社内で社員の一人ひとりのスキル・能力を開発し、成長させていくことは非常に大切とされています。

ですが、その向くべき方向がみんなバラバラであっては折角開発した能力・スキルも非効率にしか働かず、
むしろ無駄になってしまいます。
そこで、能力開発を行う際には必ずその向かうべき方法を指し示し、
「あるべき姿」「経営方針」を明確にした上で、それに即した能力開発を個々人が行うことになります。
この作業は非常に重要とされています。

組織というのは、一人ひとりの力以上に、チーム・集団としての力が非常に重要だからです。

そして、その意味において、会社・病院の考え方、方針、看護観など
「病院の今後のあるべき姿」に対して共感を覚えることが就職先を選ぶポイントになるといっても過言ではなく、
会社・病院によっては「求める人材像」について採用担当者が触れていることも多々ありますので、
説明会や見学会、資料でチェックし、自分の考えと照らしあわせて「志望動機は何ですか」と
聞かれた際にその共感した部分をいえるようにしておきましょう。