自己紹介はプレゼンの場

プレゼンの画像

自慢ではなく活かしたいことを話す

面接で必ず聞かれる二大質問です。
(もう一つは「志望動機」です)
「3分間で自己紹介してください」
「自己アピールをしてください。」
面接官の出だしの質問になることが多いです。

これは、面接の前に答えを必ず用意しておきましょう。
面接官は履歴書や職務経歴書を読んでいるはずですから、
だいたいの学歴や経験、資格、経歴などおおよそを把握しているはずなのです。

それなのに自己紹介をしてくれなどと、なぜ言うのでしょうか?
それは、そこに書いていないこと「その経歴を自分の会社や病院でどのように活かしたいか」を聞きたいからなのです。
また、社会人としての自分の意見をはっきり述べる力がどれだけあるかを知りたいのです。

言い換えれば、この質問はわずか数分程度で自分自身をアピールする、
いわば自己プレゼンテーションの場となります。
学生であれば、これまでの学業、クラブ活動、留学といった経験、
中途採用であれば、これまでの経歴をもとにした内容になることが多いかと思います。

よくあるパターンなのですが、自分の経験や経歴をずらずらと述べるのみにとどまる人。

これは、はっきりいってプレゼンテーションではなく、単なる自慢です。
自己紹介をしてくださいといわれたということは、絶好の自分のアピールタイムということで、
「いかに自分がその会社、病院に貢献できるか」ということを述べる必要があります。

ですから、「私は○○という経験をつんできました。その結果、○○という実績を残し、
○○という知識、スキルを身に付けることができました、
そしてそのスキルをこの会社で○○という形で使うことにより貢献ができると思います。」
これが王道の答えです。

心は熱く言葉は冷静に

ダラダラと長くなってしまう回答はあまり好ましくありません。
特に気をつけるのは、どうしても経験の部分が長くなってしまいがちなので、
この部分をどの程度コンパクトにまとめて後半のそのスキル、
経験の活かし方を長くするかがポイントです。

経験の部分が長いというのは面接官としては「へ〜すごいね、だから何?」と思ってしまいます。

とはいえ、自分が最も力をいれてきたものを話すわけですから、
どうしても熱く語りたくなってしまうのが人間です。
そこをぐっとこらえて、後半部分にもっていくのが合格の極意です。

実績が伴った経験を話す

経歴の後に実績を入れることを忘れないで下さい。
正直なところ、経験というのは誰でもできるものです。

「留学をしました」
「クラブ活動をやっていました」
「○○というプロジェクトを担当しました」
それは単なる自己紹介です。

面接では自己紹介といいながら
「自己プレゼンテーション」の時間であるということを忘れないで下さい。

実績がない自己紹介というのは説得力に欠けます。
面接官としても採用に至る最大のポイントとなるでしょう。
行動が伴わない人を採用することはないのです。

経験というのはすることが大切なのではなく、
経験した後の結果そのものを「経験」と聞かれているのだということを肝に銘じましょう。