「退職理由」を聞かれた時の対処法

退職の画像

退職理由は重要

転職の場合に「志望動機」とあわせて聞かれるのが前職の「退職理由」です。
この退職理由で採用試験に撃沈してしまう人が多々います。

転職者にとって最大の難関であり、反対にいえば、
この質問をクリアしてしまえばかなり合格に近づくことができる質問です。

まず、退職するのには前の職場に対しての不満があるからです。
仕事内容、労働環境、人間関係がその中心になるかと思いますが、
前職でのこれらの不満について述べるということは、
前に勤めていた会社・病院を批判していることになります。

本人にしたらそのとおりなのでしょうけど、簡単に言えば悪口ととらえられかねません。
自分の会社に就職した後もそのように批判的な考え方でいてもらっては困るし、
またそのような理由で退職した場合に同じように他の会社・病院で自分の職場の悪口を
言われてはたまらないと考えるのが面接官です。

そして、何よりもそのようなネガティブ思考の人と仕事をしたいと考える人はいないでしょう。
ですから、退職理由の中にも必ず自分なりの前向きな考え方を入れることが大切です。

ポジティブな内容を伝える

まず、たとえ人間関係が理由で退職したとしてもその理由に触れるのはタブーです。
人間関係というのは、どの職場も同じです。
いろんな人がいますので、
だれとでもうまくやっていく力は社会人にとっては必須であるということを心得てください。

実際に人間関係でやめてしまうことになったとしても、
同じことが繰り返されるのを危惧して面接官は不合格にすることは確実です。
人間関係にふれるのはやめましょう。

ただ、もっとたくさんの人と関わりたいとか、
患者さんと直接やりとりができるようにしたいといった理由であれば前向きな理由ですのでOKです。
そのほかにも、不平不満をずらずらと述べる回答だけは避けるようにしましょう。

前向きな回答としては
「職務の幅を広げたい」
「これまでと違った分野の仕事もしてみたい
「今まで培った知識を役に立てたい」
といったような回答が答えやすいです。

ただ、前職でも自分の行動次第で実現できる場合があります。
「それを前の職場ですることはできないのですか?」
という質問がされることもあります。
「今まで培った知識を役に立てたい」といった回答の次の質問でよくあるパターンです。

そのときに
「その職務には長年の経験者がおり、どうしても交代するのが難しく、
自分としても志願してみたが、
組織上できないということだったのであきらめざるを得なかった」など
「職務の幅を広げたい」という回答に次いでは
「前職では、事業縮小の方向にあってその仕事自体が本社移管されてしまい、
どうしても大きな仕事をすることが難しくなってしまった」
などといったような理由はOKな理由となります。

とにかく、退職理由は○○がいやだとか、○○がだめだとかいう言葉は決して使うことがないよう、
そして、次なる職場に自分自身の成長を求めていること、
結果として組織への貢献ができるという点をアピールできるよう回答を用意するようにしましょう。